年金・肺炎球菌ワクチンの公費助成など4つの請願に賛成するも否決

 12月22日、12月議会が閉会しました。
 今回、4つの請願が出され、日本共産党は全ての請願の紹介議員になりました。付託された厚生常任委員会では、反対多数で不採択。今日の本会議では、採択に賛成したのは、年金に関わる請願3つは、日本共産党4人のみ、「肺炎球菌ワクチン」(請願第14号)は、共産党4人とと宮坂真貴子さん(自治市民クラブ)のみ賛成で、否決されました。
 日本共産党市会議員団を代表して黒田みち議員が賛成討論を行いました。
 黒田みち議員の賛成討論を以下に掲載します。
・請願第11号「0.4%の年金引き下げをもとに戻すとともに、物価指数による年金引き下げを行わないことを求める請願」
・請願第12号「無年金・低年金者への基礎年金国庫負担分3.3万円の支給を求める請願」
・請願第13号「年金受給資格期間の10年への短縮を求める請願」
・請願第14号「65歳以上を対象に肺炎球菌ワクチンの公費助成を求める請願書」

2011年10月議会 議案に対する各会派の態度

2011年10月議会 議案に対する各会派の態度
(敬称略)(※小山議員は議長)

平成22年度川西市一般会計決算認定について

反対
住田・黒田・北野・森本・吉富
▼賛成
安田忠・土田・多久和・津田・岡・福西・江見・平岡・大矢根・鈴木・大﨑・安田末・吉田・梶田・久保・宮路・宮坂・北上・秋田・松田

平成22年度川西市国民健康保険事業特別会計決算認定について

反対
住田・黒田・北野・森本
・安田忠・土田・多久和・津田・岡・福西・宮坂・北上
賛成
江見・平岡・大矢根・鈴木・大﨑・安田末・吉田・梶田・久保・宮路・秋田・松田・吉富

平成22年度川西市後期高齢者医療事業特別会計決算認定について

反対
住田・黒田・北野・森本
賛成
安田忠・土田・多久和・津田・岡・福西・江見平岡・大矢根・鈴木・大﨑・安田末・吉田・梶田・久保・宮路・宮坂・北上・秋田・松田・吉富

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第10号(2011.11.)

2011年9月定例議会 請願・意見書に対する各会派の態度

請願

TPPには参加しないよう意見書の提出を求める請願 (平成23年第1回定例会提出)
採択
北上・宮坂・住田・黒田・北野・森本

不採択
安田忠・土田・多久和・津田・岡・福西・江見・平岡・大矢根・鈴木・大﨑・安田末・吉田・梶田・久保・宮路 秋田・松田・吉富

『30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充』を求める請願書 (平成23年第2回定例会提出) 取り下げ
『少人数学級実現、義務教育費国庫負担制度堅持』を求める請願書
全会一致で採択

阪神福祉事業団「ななくさ育成園」に関する請願書
全会一致で採択

「原発推進から再生可能な自然エネルギーへの転換を求める国への意見書」提出に関する請願書
採択
北上・宮坂・住田・黒田・北野・森本
不採択
安田忠・土田・多久和・津田・岡・福西・江見・平岡・大矢根・鈴木・大﨑・安田末・吉田・梶田・久保・宮路・秋田・松田・吉富
(※小山議員は議長)

意見書

兵庫県立高等学校の通学区域見直しに関する意見書
賛成
住田・黒田・北野・森本・安田忠・多久和・津田・岡・福西・江見・鈴木・大矢根・平岡・大﨑・安田末・吉田・梶田・宮坂・北上・秋田・吉富
反対
久保・宮路 松田
(※土田議員は欠席)

小・中学校における少人数学級の実現と義務教育費国庫負担制度の堅持を求める意見書
全会一致で賛成

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第9号(2011.10.)

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第7号を発行しました。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第7号(2011.7.)を発行しました。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第7号はこちら(PDFファイル)

6月議会 いのちを守る補正予算可決
日本共産党議員団、請願採択にむけても全力!

北野のり子、森本たけし、黒田みちの3議員が6月10日、13日、一般質問に立ちました。住田由之輔議員は副議長を務めています。

黒田みち議員 もしも…を想定して住民の命とくらしを守り抜く対策の強化を
黒田みち議員 国民健康保険税値上げ中止を
北野のり子議員 耐震改修へ負担軽減策を
北野のり子議員 自然エネルギー普及と低エネルギー社会への移行について
森本たけし議員 昨今の低投票率について計画的な選挙啓発活動を
議案・請願についての態度

学校施設耐震化
清和台中、屋内運動場棟 川西南中、南校舎棟の耐震補強工事の予算成立
来年3月工事完了予定
子どもの医療費補助
県の子ども医療助成制度の拡充の決定。
*対象:小学校4年生~6年生までの児童
*助成内容:通院医療費自己負担額の1/3を助成
無料クーポン送付
大腸がん検診、40歳以上60歳まで5歳きざみで検診手帳と検診費用が無料になるクーポン券送付の予算決定

 

2011年6月議会 議案・請願についての態度

議案 6月24日 最終本会議全員一致で可決しました。

*川西市税条例の一部を改正する条例の制定について
* 市立川西南中学校南校舎棟、清和台中学校屋内運動場 耐震補強工事請負契約の締結について
*平成23年度川西市一般会計補正予算(第1回)
*平成23年度川西市介護保険事業特別会計補正予算(第1回)

請願

TPPには参加しないよう国に意見書提出を求める請願(H23年第一回定例会で提出)
即決すべき
北上・宮坂・住田・黒田・北野・森本
継続審査すべき
安田忠・土田・多久和・津田・岡・福西・江見・平岡・大矢根・鈴木・大﨑・安田末・吉田・梶田・久保・宮路・秋田・松田・吉富
(※小山議長)
「30人以下学級実現、義務教育国庫負担制度拡充」を求める請願
即決すべき
住田・黒田・北野・森本
継続審査すべき
安田忠・土田・多久和・津田・岡・福西・江見・平岡・大矢根・鈴木・大﨑・安田末・吉田・梶田・久保・宮路・宮坂・北上・秋田・松田・吉富
えーっ!どういうこと???
「30人以下学級実現、義務教育国庫負担制度拡充」を求める請願書の紹介議員になったのは、民主市民クラブ・自治市民クラブ、みんなの市政クラブ、日本共産党の4会派。文教公企常任委員会では、その他の委員は賛成にまわったのに、最終本会議では、日本共産党だけが即決・賛成に。他は、全員「継続」にしました。

子ども・子育て新システムに関する意見書
(※請願はみなし採択になりました)
賛成
住田・黒田・北野・森本・江見・鈴木・大矢根・平岡・大﨑・安田末・吉田・梶田・久保・宮路・宮坂・北上・秋田・松田・吉富
(厚生経済常任委員会では、鈴木議員が反対でしたが、最終本会議で賛成に。)
反対
安田忠・土田・多久和・津田・岡・福西

職員の給与削減に反対、特別職・議員の削減には賛成

職員の給与削減に反対、特別職・議員の削減には賛成

公務員の給与は、この間、毎年のように引き下げられています。生活のために必要な給料なのに、「人件費はムダ」とする考え方が蔓延し、今回の減額だけで1億3400万円。昨年から実質賃金が下がり始め、住宅ローンの借り換えなどの影響が出ています。
現在でも川西市の高校卒業事務職員の給与は時間換算で982円ですが、これは「高すぎる」と言えるでしょうか。
全国の勤労者の給料はこの12年間で64万円減少し、逆に税金と社会保険料などの負担は増加。地域経済が大きく疲弊する原因になっています。
公務員の給与や一時金の削減は、民間企業の引き下げと連動し合い、地域疲弊の悪循環に陥ります。いま必要なのは雇用を拡大し、給料を上げ、購買力を高め、地域経済を活性化することです。
なお、特別職や議員の減額については賛成しました。

職員の給与・一時金を削減・減額する条例・その補正予算(可決)
(賛成)安田忠・岡・津田・福西・土田・多久和・江見・大崎・鈴木・平岡・大矢根・安田末・吉田・梶田・宮坂・北上・久保・宮路・秋田・松田
(反対)住田・森本・北野・黒田
(欠席)吉富
※小山議員は議長です

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第4号(2011.1.23)

川西病院給食の民間委託に反対

川西病院給食の民間委託に反対

病院における食事は、治療の一環としておこなっています。薬と同様に、「食事療法」は、患者の健康回復に欠かせません。これまで医療の一部門と位置づけ、医師、看護師、管理栄養士、調理師がチーム医療としての役割の担い、病院給食の充実を図ってきました。患者一人ひとりの日々の症状に合わせ、きめ細かな対応が行われています。経費削減を目的とした民間委託業者に給食部門を、任せると、利益をあげざるを得ないため、材料費や人件費の削減を図ろうとし、安全性と質的な面が後退しかねません。現場職員と充分な議論がなされないまま、議会に上程され、わずか数ヶ月で引き継ぎ、切り替えをすることは、あまりにも拙速です。自治体病院として存続させるうえでも、医療機関として、「業務委託にすれば経費が下がる」というような経営感覚に陥ることなく、病院給食の質を注視し、自治体病院の果たす役割、責任を今一度、検証することが必要です。

川西病院の給食を民間委託する内容の債務負担行為(可決)
(賛成)安田忠・岡・津田・福西・土田・多久和・江見・大崎・鈴木・平岡・大矢根・安田末・吉田・梶田・宮坂・北上・久保・宮路・秋田・松田
(反対)住田・森本・北野・黒田
※小山議員は議長です

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第4号(2011.1.23)