「日本共産党川西市会議員団ニュース」第34号を発行しました。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第34号(2014.2.)を発行しました。

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第34号はこちら(PDFファイル)

12月定例議会の報告 No.1

 昨年11月27日からはじまった12月議会が12月20日に閉会。主なものについて報告します。

 議案では、川西市立小学校施設耐震化・大規模改造PFI事業に係る事業契約の締結について、川西市アステ市民プラザの設置及び管理に関する条例の制定について等、35議案が審議されました。日本共産党議員団は、人件費の減額が主な内容だった補正予算及び消費税8%の影響のある議案に対し反対の立場をとり討論を行いましたが、何れも賛成多数で可決されました。

 また、本会議2日には、日本共産党議員団が紹介議員となった請願と意見書が上程され以下のとおりとなりました。

日本共産党議員団3人だけ賛成 「秘密保護法案制定するな」市民請願不採択に
「慎重審議」意見書だけ提出

 国民の目・耳・口をふさぎ、民主主義を破壊する「特定秘密保護法案」に反対の世論が高まっているさなかの12月川西市議会に市民の方から「特定秘密保護法案を制定しないよう国に意見書の提出を」との請願書が提出されました。

 私達日本共産党議員団は紹介議員になり、12月4日開催の議会運営委員会でたくさんの傍聴者が駆け付ける中、趣旨説明を行い請願採択に向けて全力で取り組みました。 
 請願提出前には、他会派からも「請願賛成」「12対12になる可能性も」などの声が聞かれましたが、残念ながら直前まで「紹介議員にはなれないが請願には賛成する」と言っていた自治市民クラブから、同法案の「慎重審議を求める意見書」が提出され、市民からの請願は日本共産党議員団3人だけの賛成で不採択になりました。

 次いで、「慎重審議を求める意見書提出」に対して黒田議員は、提出賛成の立場から補強意見として「自民・公明は『慎重審議してきたから6日の会期内採決を』といって強行採決の構えなのだから、最低限『慎重な審議を求めます』の前に、『今国会で決めないことを含めて』を挿入するべき」などと主張しましたが、修正されませんでした。

 逆に、公明党から「『公述人全員から反対または慎重審議を求める意見・・』から、『全員』の削除を」という修正が出され、私(黒田)は、「事実だから削除の必要はない」と訴えましたが、「全員」は削除された意見書になりました。

 その後開催された本会議で、「制定しないでほしい」の市民請願は日本共産党議員団3人(住田・北野・黒田)だけの賛成で不採択、「慎重審議」の意見書は日本共産党議員団の反対で、川西市議会として国に意見書を提出することとなりました。

 神戸新聞12月5日付朝刊には、「川西市議会慎重審議を求める意見書提出、共産反対」という記事だけが掲載されました。
 その後国会では、6日午後11時半の参議院本会議で強行採決されました。私達日本共産党は、翌日から「秘密保護法撤廃」署名・宣伝活動を始め、これからも広範な国民の皆さんと力を合わせ「撤廃」にむけて全力で取り組んでいく決意です。

民主国家を暗黒社会へ変質させる「特定秘密保護法案」は廃案するべき 住田 由之輔 議員の賛成討論はこちら

「特定秘密保護法」を制定しないよう国に求める請願 ※否決しました

賛成した議員 住田・北野・黒田
反対した議員 宮坂・北上・吉富・岡・津田・福西・土田・森本・秋田・大﨑・鈴木・平岡・大矢根・江見・宮路・久保・梶田・安田末廣・小山・多久和・安田忠司
※(議長・吉田)   敬称略

特定秘密保護法案の慎重審議を求める意見書 ※可決しました

賛成した議員 坂・北上・吉富・岡・津田・福西・土田・森本・秋田・大﨑・鈴木・平岡・大矢根・江見・宮路・久保・梶田・安田末廣・小山・多久和・安田忠司
反対した議員 住田・北野・黒田
※(議長・吉田)   敬称略

この記事にキーワードはありません。