市内の交通空白地域を調査し具体的取り組みを

2011年12月議会 黒田みち議員

 交通弱者(障がい者や高齢者、妊産婦など)が今住んでいる家から病院と買い物に行くことができるよう、市内の交通空白地域を調査し、その対策の具体化を求めました。

 答弁「国の交通基本法の制定や基本計画の策定などの流れ、本市の公共交通の状況などを見極めていく」ということでした。

日本共産党川西市会議員団ニュース No.15 2012年1月

 

この記事にキーワードはありません。