日本共産党川西市会議員 森本猛史氏の離党について

日本共産党川西市会議員 森本猛史氏の離党について

2012年5月9日
日本共産党阪神北地区委員会

 この度、森本猛史氏が日本共産党を離党することになりました。市民のみなさまの信頼を裏切る結果となり、日本共産党阪神北地区委員会として深くお詫び申し上げます。

 今後、このような事態が二度と起こらぬよう、党地区委員会及び議員団は、決意を新たにし住民の利益を守り、公約実現に力をつくします。

(この間の経過)

(1) 日本共産党川西市会議員の森本猛史氏より日本共産党阪神北地区委員会に共産党を離党したいとの申し出がありました。党阪神北地区委員会は、森本猛史氏から離党の理由を聞き、粘り強く話し合いを重ねてきました。

(2) 日本共産党阪神北地区委員会は、森本猛史氏に日本共産党にととどまり、住民の利益を守る党議員といて責任を果たすよう求めました。しかし、森本猛史氏は、説得に関わらず、住民の利益を守って献身することや政治を変える展望と確信を失い、離党の意思も固いため、日本共産党を離党することを認めました。

(3) 日本共産党阪神北地区委員会は、森本猛史氏に日本共産党公認で立候補し市会議員選挙に当選したことから日本共産党を離党したいま、議員辞職をし、けじめをつけるよう強く求めました。

この記事にキーワードはありません。