いのちとくらしを守る 切実な要求実現 なんとしても! 黒田みち

いのちとくらしを守る 切実な要求実現 なんとしても!

(1面)

(2面)
1面PDFファイルはこちら
2面PDFファイルはこちら

日本共産党 市会議員

黒田みち

いのちを守る!
どの子も中学卒業まで
医療費無料化

1歳の子どもがいます。所得制限でひっかかりもらえないことばかりです。みんなに広げてほしいです。-アンケートはがきより-

声かけ安心ネットワークも
ゴミ戸別収集、必要な人全員に無料で

市議会で追究しつづけ、やっとゴミサポート収集が開始されました。でも、条件がきびしく一部の人しか対象になりません。これでは不十分です。必要なひと全員に無料で実施。ゴミの戸別収集といっしょに、声かけ安心ネットワークもつくっていきます。

いのちを守る さらに!
高齢者の医療費窓口負担軽減、川西病院医師確保

医療費、65歳で3割負担です。日々の生活費を節約してくらしています。本当に負担を減らして下さい。-アンケートはがきより-

地域まるごとバリアフリー
公共交通網との連携、福祉バス網の目に整備

全国平均をこえてすすむ高齢化。でも、きつい坂道ばかりです。病院へも、お買い物にも、いくつになっても出かけられる、公共交通網との連携や福祉バスの運行をきめ細かくすすめます。

黒田みちブログ「たんぽぽだより」はこちら

プルフィール
1958年5月9日生まれ(52歳)
大阪市立大阪市立高等学校卒業
キリスト教保育専門学院卒業
1979年4月~
川西市立保育所勤務(保育士)
兵庫自治労連保育部会事務局長
川西市職員組合執行委員、特別執行委員など歴任
川西市保育問題研究会会員など
2002年10月
川西市議会議員初当選
現在2期目~
議会運営委員会委員、厚生経済常任委員会副委員長、新名神高速道路周辺対策特別委員会委員、猪名川上流広域ごみ処理施設組合議会議員、日本共産党議員団幹事長、北陵小学校区コミュニティ推進協議会広報委員長

大塚寿夫さん市長立候補表明

10月17日投票の川西市長選挙に、大塚寿夫さんが立候補を表明しました。
中央北地区開発は凍結し、福祉最優先のあたたかい市政実現の公約をかかげています。日本共産党の大塚さんと、ともに力を合わせていきます。

1939年1月生まれ、兵庫県立兵庫工業高校電気科を卒業、日本触媒化学工業KK13年勤務、労働組合役員10年。川西市議9期・副議長など、02年川西市長選挙、03年・05年衆議院兵庫6区から出馬。趣味はアコーディオン演奏。家族は妻と子ども1人。

大塚寿夫さんの政策など、くわしくはこちら

すぐ動く 解決するまでとことんガンバル

納得できるまで、たたかい抜いて

私が生きる意味を問い、悩み。仲間がいることを知り、日本共産党へ。新聞配達などアルバイト3つかけもち、保育士資格を取得して川西市立保育所へ。こども達や保護者によりそい、ともに成長できる子育てを追求。
こども達や保育、福祉をまもるため、市議会議員に。朝から夜まで、ともかく納得できるまで議員活動に全力投入。

まだまだいっぱい、声をおよせ下さい

私の信条はすぐ動き、解決するまでとことん追求。間違ったことやムダ使いは絶対許さない。医療費の窓口負担を引き下げる。きつい坂道なんとかして、学校建設や通学費補助、国保税や介護保険料引き下げなど、まだまだ解決しなければならないことがいっぱい。みなさんとともに、解決するまでがんばり抜きます。もっと、声をお寄せ下さい。

現在の川西市政こう考えます

中央北地区開発

市の財政が大変だと住民サービスも置き去りにし、土地区画整理に10年で100億円もかける中央北地区開発。
見通しのない事業開始は凍結し、市民の意見をしっかり聞き「納得と合意」のもと計画をつくります。

市立川西病院

市立川西病院を「安心と安全を保障する地域医療の要」として拡充します。そのために、国へ制度改善を要求、医師を確保し市民に役立つ病院にします。


黒田みちの政策・実績・生い立ちなどはこちら

この記事にキーワードはありません。