「日本共産党川西市会議員団ニュース」第58号を発行しました

「日本共産党川西市会議員団ニュース」第58号を発行しました。

▼「日本共産党川西市会議員団ニュース」第58号(2010.2.25.)はこちら(PDFファイル)

2010年度予算議会始まる

=黒田議員 一般質問=住田議員・土谷議員

 2月23日、2010年度予算議会が始まり大塩市長が施政方針演説を行いました。3月1日から市長の施政方針に対する各党・会派代表の総括質問、議員からの一般質問、2010年度予算審議が行われます。
 日本共産党議員団は黒田議員が総括質問、一般質問は住田議員、土谷議員が発言します。

黒田議員の総括質問
  日本共産党議員団を代表して黒田議員が総括質問を行います。その骨子は
1.自治体の役割について  憲法尊守の立場で市役所の公務が行われているか。
2.国内外の情勢をどのように捉えられているか。
3.まちづくりの主体として「市民」が主人公と捉えているか。
4.「市役所」が行うことは、民間企業と同様の経営理念・行動原理であってはならないことについて。
5.「中央北地区まちづくり」は立ち止まり再考することについて。
6.「経費節減」のための「行政改革」による「消防の広域化」では市民の安全は守れないことについて。

土谷議員の一般質問
1.生活保護制度の積極的活用について
 (1) 保護申請の動向について
 (2) 他部署との連携強化について
 (3) プライバシー保護について
 (4) 公的保護施設の確保について
2.雨水の有効活用の推進について
 (1) 家庭用雨水貯留タンク設置への助成について
 (2) 小中学校でのエコ教育の取り組みについて

住田議員の一般質問
1.県の補助制度でヒブワクチン公費補助、定期摂取を推進することについて
2.食アレルギーの実態と「エピペン」取り扱い要綱作成について
3.加茂遺跡の国史跡指定範囲拡大への努力について
4.中央北地区開発での土地の種目別施行前後対照表作成について
5.駅周辺商店への活性化支援について

この記事にキーワードはありません。